夏場の洗顔後は保湿化粧品を忘れずに

夏の洗いすぎにご注意を!

夏は汗をかきやすく、汚れが目立つ季節。
そのため朝晩の洗顔に追加して、どうしても洗顔が必要になります。
しかしニキビ肌や乾燥性の敏感肌では、洗いすぎるとどうしても肌荒れやうるおい不足に陥ってしまいます。
そのため年齢肌の保湿を重視する考え方から、夏の洗顔のポイントを書いておきたいと思います。

脂っぽくなったらその都度洗いましょう

夏場の汗や汚れは本当にげんなりしますよね。
成人女性はふつう常にお化粧をしますから、洗顔的な行為を行うのはだいたい午後の化粧直しのタイミングになると思います。
ただ汗や汚れを取るタイミングはいつでも構いません。
自分のスケジュール事情や肌状態に合わせて行うのでけっこうです。
汗と汚れを放置しておく方がニキビや肌荒れに繋がるので、気づいたときに行うようにしましょう。

収れん化粧水で皮脂を拭き取りましょう

ただし昼の洗顔は夜のような徹底的なものは必要ありません。
そもそも自宅でも無い限り、クレンジングからのダブル洗顔を行う時間はないと思います。
働いていたらその都度、お化粧を直す必要もありますしね。
そのため皮脂を分解する収れん化粧水(スキンコンディショナー、トーニングエフェクターなど)をコットンにしみ込ませて拭き取るように皮脂を取るようにしましょう。
これだけで余分な皮脂と汗でベタベタになった肌をずいぶんスッキリさせることが出来ます。

乾燥性の敏感肌やニキビ肌はご注意を!

収れん化粧水には、肌の毛穴をひきしめて、きめを整える効果があります。
余分な皮脂や汗や汚れも取れますし、ひんやりとした清涼感が気持ちよいので是非、活用して下さい。
ただし敏感肌の方やニキビ肌の方は付けすぎにご注意を!
収れん化粧水には揮発するとき水分を多く奪うアルコール分が通常の保湿化粧水より多く含まれています。
皮脂と共に保湿成分のうるおいや水分まで失われてしまいやすいので、つけすぎは御法度なのです。

拭き取り後は保湿を忘れずに行いましょう

収れん化粧水には皮脂の分泌を抑えるエタノールなどの成分も使われています。
頬や目の回りなどはただでさえ肌が弱いので、あまりつけないようにしましょう。
皮脂の取りすぎだけでなく、保湿成分が含まれていない化粧水が多いので、拭き取り後は必ず保湿化粧水や乳液で保湿するようにして下さい。
しっかりと保湿することで、美白にもつながります。
特に乾燥性の敏感肌やニキビ肌の方はくれぐれも使いすぎにご注意を。
とくにエイジングケアを気にしている方は、高保湿化粧品でしっかりケアしてあげて下さい。

Copyright© 2014 二十歳のエイジングケア All Rights Reserved.