白髪染めで若々しく

髪の毛が印象を決める

見た目のエイジングケアのためには、髪の毛の持つ印象を最大限若々しくする必要があります。
顔の印象を決める髪の毛が薄かったり、白髪が交じっていたりすると、顔まで老けて見えるからです。
若々しい印象を作り出すのは、太く艶やかな緑の黒髪です。
若い人の髪をそのまま真似るのは論外ですが、若々しさを与えるヘアスタイルを追求しましょう。

大人の美しさを目指す

ヘアスタイルやカラーリングで自分を若く見せる方法はいろいろあります。
人の印象は、顔で決まります。
特に顔の印象は髪で決まりやすいために、ヘアスタイルで若々しいイメージを作り出すことが出来れば、30代、40代でも十分、年齢なりの若さをアピールできます。

若さの勘違いは禁物

ただし年をとってからと、若い頃では顔の作りも、お肌の艶もシワの数も違います。
年齢を取った人なりの、渋さや美しさ、それに見合ったヘアスタイルというものを目指しましょう。
うまくバランスが整っていないと、ただ若作りした勘違いした中高年になってしまいます。
年齢に相応しい美しさと若々しさを目指しましょう。
いまの年齢なりの美しさを表現することがポイントです。

白髪染めも積極的に活用しよう

いかに年齢にあった若い印象を作り出すかですが、まずは白髪は無くしましょう。
あるアンケートによれば、白髪が目立つと老けて見える、と応えた女性の数は8割にものぼりました。
白髪があると疲れているように見える、実年齢以上に老けて見える、といったマイナスの印象を持つヒトが多いのです。
日本人の白髪はあまり歓迎されないのです。
白髪は全て染める、全部が黒々とした艶髪にする、というのも極端ですが、ある程度、髪の毛を黒くして置いた方が、自然に若々しさを演出できます。
白髪が目立つ人であれば、よけいに気を使って下さい。

白髪の染めすぎにも要注意

大人の美しさを目指す上で、アンバランスさを出さないようにしましょう。
それは白髪染めでも同じです。
髪を黒く染めすぎれば、逆にグロテスクになってしまいます。
年齢に相応しい色やカラーリングがあるので、自分に似合うカラーをいろいろ試してみましょう。

Copyright© 2014 二十歳のエイジングケア All Rights Reserved.