早めのノンシリコンシャンプーで育毛ケア

髪の毛のエイジングケアはじめてますか?

年をとると髪のボリュームが減っていきますし、コシが無くなってツヤも失われてきます。
男性も女性も髪の毛が緑の黒髪であるのは20代の終わりまで。
男性は20代前半、女性は20代後半をピークにして、30代からは下降線を辿ります。
これは髪の毛の成長期が短くなり、退行期や休止期が長くなっていくから。
新しい髪があまり元気に育たなくなり、髪全体の量も減っていくからだと言われています。
そのためできるだけ若々しい印象を与えるには、髪の毛のエイジングケアが必要なのです。

印象の差は早期ヘアケアの差

髪のボリューム、コシ、ツヤが減るのは加齢に伴う自然な減少なので、仕方がないものとされています。
しかしそれでは同じように年齢を重ねている人でも、髪が薄くなって寂しく見えてしまう人、まだまだボリュームがあって元気に見える人がいるのはなぜでしょうか?
それは遺伝だけの問題ではなく、早くからきちんとヘアケア、エイジングケアをしてきたか否かの差が出ているのです。

育毛ケアはシャンプーから

早くからヘアケアをしてきた方は、抜け毛や薄毛を感じ始めたときからすぐに、育毛を意識した活動を始めています。
手始めはノンシリコンシャンプーや頭皮(スカルプ)ケアシャンプーの利用でしょうか。
シャンプーで洗うのも髪の毛だけではなく、マッサージをしながら頭皮を洗うように刺激していきます。
年齢を経ても美しい髪は、健康な頭皮、毛根から生み出されるからです。

若々しい髪は健康な頭皮から

スカルプケアで頭皮を洗うと言っても、洗い方には注意が必要です。
始めたばかりの方はだいたい髪の毛の皮脂を落とそうと、力を入れすぎて洗ってしまったりするからです。
髪の毛を洗うように、頭皮の脂を落とそうとゴシゴシやってしまうと、弱った頭皮に負荷をかけすぎてしまいます。
お肌を洗うように、頭皮の毛穴もたっぷりの泡でじっくり洗ってあげることが大切です。

頭皮の洗い方は洗顔と同じ

ポイントは洗顔と同じように、円を描くようにマッサージをしながら、皮脂や汚れを泡に浮き上がらせて洗い流すこと。
使うのは、ノンシリコンシャンプーやアミノ酸系シャンプー、スカルプケアシャンプーを利用しましょう。
頭皮を優しくマッサージして、健康な状態に保てば、抜け毛の量は減ってきます。
髪の毛のエイジングケアは、まずはシャンプーからはじめてみてください。

Copyright© 2014 二十歳のエイジングケア All Rights Reserved.